FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

シングルス はっぴいえんど

『シングルス はっぴいえんど』
シングルス・はっぴいえんど

1974年の編集盤でタイトルどうりシングル集。
シングルジャケットをコラージュしたアルバムジャケットなので
当時のシングルのジャケットがわかります。

只今、アナログ盤で聴いています。
こんなの持っていたのすっかり忘れていました。

A-1. 恋の汽車ポッポ
A-2. それは僕ぢゃないよ
A-3. 空飛ぶくじら
A-4. 五月雨
A-5. 恋は桃色
A-6. 福は内鬼は外
B-1. 12月の雨の日
B-2. はいからはくち
B-3. 花いちもんめ
B-4. 夏なんです
B-5. 無風状態
B-6. さよならアメリカ さよならニッポン

A-1~4は大瀧詠一のソロ・シングルで
A-5,6は細野晴臣のソロ・シングルとなっており、
B面6曲がはっぴいえんどのシングルです。
はっぴいえんどはシングルは3枚しか出していなかったんですね。

「12月の雨の日」
アルバム・ヴァージョンと違っていました。これは忘れていました。
コーラスやギター・ソロが大きく違います。
ウィキペディアによるとシングル用に録り直していたようです。
いい曲だよなあ。

「はいからはくち」
これはアルバムとは全然違うヴァージョンで”プレはいからはくち”
といった感じ。断然アルバム・ヴァージョン推しです。

「花いちもんめ」
なんと鈴木茂作曲作品がA面です。
メロディはもちろんですが詩もよい。
”風街”感が溢れています。

ぼくらが電車通りを駆け抜けると
巻き起こる
たつまきで街はぐらぐら
おしゃれな風は花びらひらひら
陽炎の街
まるで花ばたけ


中盤とラストのギター・ソロもいい味出しています。
心地よい音色です。
ヴォーカルも鈴木さん本人で丁寧に歌っている感じでこれもイイ。

「夏なんです」
フォーキーな細野さんの名曲です。
よくはっぴいえんどの歌詞は、ですます調が多い、なんていいますが
まさにタイトルがそうなんです。

「無風状態」
このアルバムではこの順番ですが多分B面。
これも好きな曲です。細野さんの声にぴったりの地味な曲ですが
イントロのカッコよさ。ギター・ソロの渋さ。
歌詞の

マストの風をたたんで
彼は今
夜霧メリケン波止場で
船を降りる


ってところにグッときます。
そう。古いけどダンディって感じです。

「さよならアメリカさよならニッポン」
たぶんA面。
楽曲的にはともかくアメリカでもニッポンでもないという
はっぴいえんどの立ち位置として、
その後もはっぴいえんどのキーフレーズとして使われる題名です。

はっぴいえんどは、いまだCDでしょっちゅう聴いていますが
アナログで聴くとまたいろいろ味わいありますね。


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


ION Audio Vinyl Motion レコードプレーヤー スーツケース型 バッテリー内蔵 USB端子

tb: 0 |  cm: 2
go page top

夏なんだし


この時期にどうかと思いますが偶然見つけてしまいましたのでご紹介。
星野みちるさん 2015年の曲です。

「やっぱりヒップホップでしょ、夏なんだし…ということで作りました。
これはもちろん、はっぴいえんど「夏なんです」への44年越し、アイドル
からのアンサー・ソング。サングラスとスパム広告、花火大会から稲川淳
二さんまで21世紀の夏の風物詩を網羅しました」──小西康陽

という事で仕掛け人は小西康陽。

結構キャッチーなフレーズが耳に残ります。
夏なんだし。



↓夏じゃないけど応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

Naked,If I Want to ~モビー・グレープ


『日本のロック名盤ベスト100』での第1位『風街ろまん』の記事にて
モビー・グレープのこの曲がこのように紹介されていました。


・・・なかでもモビー・グレープ作の一分にも満たない小曲「Naked,If
I Want to」は、英語であるにもかかわらず、はっぴいえんどのプロト
タイプであるかのような一曲なので、ぜひご一聴をお勧めしたい。


では1967年 モビー・グレープ Naked,If I Want to




はっぴいえんどだ!

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

日本のロック名盤ベスト100 (講談社現代新書)
tb: 0 |  cm: 2
go page top

風街ろまん

風街ろまん風街ろまん
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

年末にNHK BSで 名盤の出来るまで、的な特番があり
はっぴいえんどの『風街ろまん』が取り上げられました。

細野、松本、鈴木さんが一同に会し思い出を語り合っていました。
なんでも『風街ろまん』のマルチトラック(8ch)が見つかったそうで
それを聴くメンバーの姿が映し出されていました。

8トラック中、ギターとドラムのパートだけ抜き出したり
ヴォーカルとコーラスを抜き出したりとなかなか興味深い番組でした。

当然サウンドについても触れる一方、
松本さんの詞の世界にも触れていました。

御馴染みのところで「はいからはくち」は、
”ハイカラ白痴”と”肺から吐く血”のダブル・ミーニング

「風をあつめて」の原曲「手紙」は結局ボツになったが
”風をあつめて”というフレーズは捨てられなかった。

「花いちもんめ」
”右手の煙突は黄色い煙をはき、左手の煙突は赤い煙をはく”は
対立しだした大瀧さんと細野さんの関係であるとか。
どうりで”みんな妙におこりっぽいみたい”なんですね。
これを鈴木さんが曲を付けて歌ったのも納得ですなあ。
ちなみに曲は作ったもののコーラス・アレンジに詰まった鈴木さんは
大瀧さんにコーラスを付けて貰ったそうですが
なんと1,2,3番でコーラスが異なっていた!
気づきませんでした。

さて「風をあつめて」ですが
原曲「手紙」で煮詰まっていた細野さんは
レコーディング当日まで曲が完成せず、当日になって曲はようやく完成。
指示が出来ないので大瀧さんと鈴木さんはスタジオには呼ばず
ただドラムだけはいずれにせよ必要という事で
ドラム以外は細野さんというレコーディングになったようです。
とすると、あの印象的なギターやオルガンもその場で作ったんでしょうか。
天才の仕事ですね。
松本さんのドラムも歌に寄り添うようで心地よいです。

しかし良い番組でした。
再放送お願いします。

↓風をあつめながら応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

↓松本さんのこの時代の詞が詰め込まれた「風のくわるてつと」
風のくわるてつと (角川文庫)風のくわるてつと (角川文庫)
(2001/05)
松本 隆

商品詳細を見る
tb: 0 |  cm: 2
go page top

ブックオフでかかるあの名曲

最近ブックオフであの曲がよく流れています。

そうです。
はっぴいえんど「風をあつめて」

この曲がこんな所で知られるのはうれしいやら、悔しいやら。

私の”無人島レコード”こそ
この曲が収録されている『風街ろまん』

そして一番好きな曲はやはり「風をあつめて」

そんなおおっぴらに流さないでくれ、というのが実はホントの気持ちです。



にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

風街ろまん風街ろまん
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る


tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話