FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

山田正紀さんのツイート

以下、山田正紀さんのツイート

”これまでながく生きてきて、あるいは素行の悪い、あるい行儀の悪い、あるいは狡猾な、あるいは凡庸な、あるいは人心の操作術に恐ろしいほどにたけた、いろんな総理大臣を見てきたが、さすがにこの人は本気で国民を殺そうとしているのではないかと思わせる総理大臣を見るのは、これが始めてのことです。”


想像できないことを想像してきた山田さんの上をいった総理大臣。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

エープリルフール紙面

最近、読売新聞を体が受け付けなくなり
東京新聞を併読し始めました。
(どういう立ち位置かわかるでしょ)

そんな東京新聞の噂のエープリルフール紙面

※首相のオトモダチ主催「きちんとサクラソウを見る会」
・名簿は100年後公開
・前夜祭で資金調達
・議事録は残っていない
・笑顔の首相夫妻との写真を勧誘に使う会社

※五輪ネタで
”政府と五輪スポンサー企業でつくる官民ファンド
「スポーツ振興・需要開拓支援機構」。
万年赤字を税金で補う一方、経営陣の報酬が多額”

ガス抜きであるかもしれないがこういうの必要です。



tb: 0 |  cm: 2
go page top

星降り山荘の殺人

『星降り山荘の殺人』
倉知淳



雪に閉ざされた山荘に、UFO研究家、スターウォッチャー、売れっ子女性
作家、癖の強い面々が集められた。交通が遮断され電気も電話も通じな
くなった隔絶した世界で突如発生する連続密室殺人事件!華麗な推理が繰
り出され解決かと思った矢先に大どんでん返しが!?
見事に騙される快感に身悶えする名作ミステリー。



さて本ブログの記事は書き溜めておいて少しづつ吐き出しています。
元々独りよがりの文章なので意味不明の部分が多く
アップ時には修正しています。

しかし今回の記事は自分でも何を意味しているのかもはやわからなく
修正できないのでそのまま載せてみます。

******************************

新装版として20数余年ぶりくらいに読みました。

初読時のあの衝撃は忘れられず、今回、真犯人も誰かわかりつつ
(というか***は誰かですが)読みました。
最近、いろいろな作品を”新装版”として読み返していますが、
ほとんど何もかも忘れているのに対し本作はずっと覚えています。

さて本作のポイントは、頻繁に作者か作品世界の神が発するコメント。

まず本編の主人公が登場する
主人公は語り手でありいわばワトソン役

といった塩梅です。

おっと、これ以上書くと・・・・。

極端にいうとある一節のみのインパクトで成立させてしまった作品です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

今回衝撃こそ受けませんでしたが、本格の論理に準じた傑作でした。

******************************

ただただ読んだ興奮をお伝えしたかった模様。

tb: 0 |  cm: 4
go page top

小鳥を愛した容疑者

『小鳥を愛した容疑者』
大倉崇裕



銃撃を受けて負傷した警視庁捜査一課の鬼警部補・須藤友三は、リハビ
リも兼ねて、容疑者のペットを保護する警視庁総務部総務課“動植物管
理係”に配属された。そして、そこでコンビを組むことになったのが、
新米巡査の薄圭子。人間よりも動物を愛する薄巡査が、現場に残された
ペットから名推理を披露。難事件を解決する!

オモチロイ。
あまり動物に興味がなかったが、動物ネタ自体がおもしろく、
しかもそれがミステリと密接な関係を持っているという贅沢さ。

平日は疲れてミステリは読まないのに、ひと度、読みだしたら止まらな
くなってしまった!
しまった

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

お釈迦さま以外はみんなバカ

『お釈迦さま以外はみんなバカ』
高橋源一郎



震災の時も酒のことしか頭にない落語家
ラブホスタッフによる文章指南
大阪おばちゃん語で憲法を表現すると
名作を2秒で読めるか?
偶然57577になった文章…。
稀代の読書家である作家だからこそ見つけられた。思わず唸る表現や、
クスッと笑えることばの数々。書いた本人さえも気付いていない、
秘められた意味まで深掘りしていく。本書を開けば、新しい発見がある
こと間違いなし!

面白い。
いろいろな本の紹介であり、ほとんどそれを引用しているだけの気もす
るが。

取り上げ方、面白がり方、人への伝え方。これらがうまいんでしょうね。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

変調二人羽織

『変調二人羽織』
連城三紀彦



東京の夜空に珍しく一羽の鶴が舞った夜、一人の落語家・伊呂八亭破鶴
が殺された。舞台となった密室にいたのはいずれも破鶴に恨みを抱く関
係者ばかり。捜査で続々と発覚する新事実。そして、衝撃の真相は―。
伝説的探偵小説雑誌・幻影城の第三回新人賞を受賞した初期の傑作
「変調二人羽織」を含む、読者を唸らせる連城ミステリー傑作五編を
収録した永久保存版。


まずは「変調二人羽織」
名文家の筆が冴える抒情的な書き出しでだまされますが、ミステリの
面白さをこれでもかと詰め込んだ遊び心満載の本格ミステリです。
短編ですがじっくり読むとボリューム感も楽しめます。
これは傑作ですなあ。

「ある東京の扉」
売れない作家の編集者への推理小説構想売り込み話。
意外なオチで面白い。

他三作も重苦しい雰囲気でありながらトリッキーなところが作者らしい。

本当に傑作集です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

読む餃子

『読む餃子』
パラダイス山元



あなたは餃子が好きですか?
わたしは、大好きです!

包んで焼いて三十有余年。
会員制餃子店の主にして餃子の王様が、味わう、作る、ふるまう!
論より餃子、餃里夢中!
全篇垂涎、究極の餃子エッセイ集。


アマゾン評価数197!
星5つ 84%

餃子好きが組織票を入れたか?

とてもたのしい餃子の本で餃子います。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話