06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

悪魔の降誕祭

『悪魔の降誕祭』
横溝正史
悪魔の降誕祭 (角川文庫)
悪魔の降誕祭 (角川文庫)


金田一耕助の探偵事務所で殺人事件が起きた。
被害者は、その日電話をしてきた依頼人だった。
彼女は、これから殺人事件が起きるかもしれないと相談に訪れたところ、
金田一が戻ってくる前に青酸カリで毒殺されたのだ。
しかも、その時、十二月二十日であるべき日めくりカレンダーが何者かに
むしられ、十二月二十五日にされていた。
降臨祭パーティの殺人を予告する犯人とは―。(表題作より)
そのほか「女怪」「霧の山荘」の全三編を収録。
本格ミステリの最高傑作!


新しい金田一耕助モノの楽しみ方を。
表題作「悪魔の降誕祭」では金田一耕助と等々力警部がご陽気です。
しょっちゅう笑っています。

依頼人からの電話を受けてそれについて語り「あっはっは。」
自分の事務所で殺人事件が起こり「あっはっは。」
第二の事件が起こり「あっはっは。」
真犯人を自殺に導いたことについて「あっはっは。」
真相解明の説明中に「あっはっは。」

人が死ぬことに不感症になっている二人です。

あっはっは。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

氷河民族

『氷河民族』
山田正紀

↓私が買ったのは1977年ハヤカワ文庫版ですが。
氷河民族 (角川文庫)

山田正紀初期の作品です。

謎の若い女性とそれに係る事件に関わることになった中年男の物語です。
設定や文体はハードボイルドです。
そしてここに”吸血鬼”を絡めSF的な展開になっていきます。
いわゆる”吸血鬼”がなぜ血を必要とするのか、について
冬眠という考えからある推論を出しています。
今まで読んできた吸血鬼ネタの小説には無かったような説ですが
妙に説得力がありました。

話は国家的陰謀に膨れ上がりますが、
登場人物たちは主人公の敵であれ見方であれこの陰謀のコマでしかなく
そういった悲哀も感じさせてくれる小説でした。

ハードボイルド、SF、そして冒険小説の要素を詰め込んだ
若かりし山田正紀の才気が溢れだしたかのような傑作です。

私が読んだハヤカワ文庫版は『氷河民族』で
後のハルキ文庫版では『流水民族』になったようです。



ある雨の夜、ドライブ中の私は、突然飛び出してきた少女を
はねてしまった。意識を失った少女を車に乗せ、
友人の医師須藤の部屋に運び込み、容体を調べたところ、
彼女は異常に低い体温を持ち、普通の人間では考えられない
血液組成を持っていることが判明した。彼女は人間ではないのだろうか?
『吸血鬼』をテーマに描くSFサスペンスの傑作長篇。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


2017年流行語候補”忖度”という言葉が使われていました。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

アリス殺人事件

『アリス殺人事件』
アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー (河出文庫)
アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー (河出文庫)


世界中で愛読される『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』を
テーマに、人気ミステリー作家・有栖川有栖、宮部みゆき、篠田真由美、
柄刀一、山口雅也、北原尚彦が紡ぐ6つの物語。事件から事件へ、
現実と異世界を自在に行き来する、ユーモアと不思議が溢れる
アリスの世界へようこそ。


有栖川有栖、宮部みゆき、篠田真由美のお三方の作品が
通常のミステリにアリスネタを多少まぶしたようなものです。
いってみれば普通の作品ですがしっかり手ごたえがあります。

柄刀一、山口雅也、北原尚彦の作品になってくると
アリスをテーマに遊戯性をアップさせ、
いやがおうにも独自の世界へ連れていってくれます。
ネタバレですがどれかの作品では登場人物がこんなことを言ってます。

わしらは、虚構の人物としては、たぶん史上初めて、論理的に、
作者と読者の存在へ到達したのだからな。


なんとまあ!

同じ「アリス・ミステリ」として同じ河出文庫より下記が出ています。
不思議のアリス ミステリー館



にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

Think 疑え!

『Think 疑え! 』
ガイ・P・ハリソン
Think 疑え! (知のトレッキング叢書)
Think 疑え! (知のトレッキング叢書)


人に騙されたり、間違ったことを信じたりしないための
「懐疑主義」のすすめ。

どんなに賢い人でも、怪しげな宗教や不合理な疑似科学、悪質な詐欺に
騙されてしまうのはなぜだろう?
それは家庭でも学校でも「疑う」ということを教えてくれないからだ。
本書は、自らを騙そうとする脳のバイアスや、途方もない主張に
惑わされないための「懐疑的思考」の入門書である。
懐疑的思考とは、他人の話をすべて否定的に捉えるということではなく、証拠・ 論理・合理性・公平性に基づいて
「科学的」に判断する思考法のこと。
この世界に溢れている、魅力的には見えるけれどまったく無価値な主張や
思い込み、インチキな商品に引きずりこまれ、
人生の貴重な時間を無駄にしないために、「疑う=考える」技術を
身につける。


こういった本は好きでよく読みます。
本書は小難しくない内容なので簡単に読めます。

何でも疑えばいいってもんじゃないけど
こういう思考は大事。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

サージェント・ペパーズ50周年盤

『サージェント・ペパーズ50周年盤』
ついに買いました。やっとサージェント祭りへ参加しました。
リミックスという事でヘンに変化があっても困ると思っていたのですが
そういうことはほぼありませんでした。

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(2CD)
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(2CD)

さてその音はというと持っている旧版CD(ステレオ・ミックス)
との差になりますが、
重低音が強調されたという印象を得ました。
しかしモコモコ感はなく重厚。
1曲目「サージェント・ペパーズ~」では迫力が増しました。

ブックレットでのリンゴの当時のレコード盤へのコメントとして
ダビングを繰り返すうちにドラムの音が隠れていった、との事なので
今回はそれが解消されているようです。

そしてそれ以上にくっきりとしたのがポールのベース。

「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」では
よく語られる”歌ってるベース”が堪能できます。
高音から低音まで全編通して聞き取りやすく
今までは出だしの高音域のみ目立ってあとはモコモコしていましたが、
今回の盤で低音域でも”歌っている”ことがわかりました。
高音域ではゆったりと朗らかな印象ですが
低音域ではかなりくねくね”歌って”います。

さらには「ゲッティング・ベター 」
ある評論で”知恵の輪みたいなベース”で”いまだ謎が解けない”
というのがありましたが、言い得て妙とはこの事です。
低音から高音までかなりのレンジを一気に駆け上がりまた下がっていく
とんでもなくベースらしからぬ知恵の輪ベースが堪能できます。

「シーズ・リーヴィング・ホーム」での弦楽器や
「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー 」でのやはり弦楽器は
中低音の厚みが増したせいか、より深みが感じられました。

「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」は
サーカス感?が増し、むしろベースが隠れてしまった気もします。

「ラヴリー・リタ」はよりカラッとした印象で相変わらずカッコよい。

と非常に好印象のリミックス盤でした。

今まで意識しなかった音も聴こえてきたりして楽しい。

当時のビートルズとジョージ・マーティンは、モノ・ミックスを完成形と
捉えていたとの事。
今回の50周年盤はもしビートルズとジョージ・マーティンが
ステレオ・ミックスを追い求めていたらこうしたのではないかという
想いのもとで制作した模様。
そしてその作業はジョージ・マーティンのご子息が担当。
素晴らしい。

↓これが50年前とはね。


2CD目は未完成のテイクを曲順通りに並べただけのものだが
これはこれで面白いのだからファンっておバカ?

さらに「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ペニー・レイン」
という史上最強のシングルのリミックスと
繋ぎ合わせたことでも有名な「ストロベリー~」に至っては
前半(テイク7)と後半(テイク26)のフル・ヴァージョンも収録。
テンポが全く違うのをよく繋げてしまったものだと感心します。

音楽はシンプルなものも当然良いのですが
このように録音技術の限りを尽くして加工された音楽も面白い。
ライナーノーツ読みながらヘッドフォンで聴くbyスターレス高嶋
といったプログレさながらの聴き方に耐えうるのも
ビートルズの魅力のひとつですなあ。


にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村




tb: 0 |  cm: 2
go page top

襲撃のメロディ

『襲撃のメロディ』
山田正紀
襲撃のメロディ (ハヤカワ文庫 JA 83)
襲撃のメロディ (ハヤカワ文庫 JA 83)

なぜか復刊されていない山田正紀初期の連作短編です。
ハヤカワ文庫版では初版は昭和51年。なかなか古いです。
「襲撃のメロディ」
「幽霊列車」
「最後の襲撃」の三部作です。

あとがきによれば「襲撃のメロディ」は「神狩り」以前に書かれたそう。

テーマは巨大電子頭脳による管理社会と反体制派との闘い、でしょうか。
主人公は
「襲撃のメロディ」では反体制派になった”ぼく”
「幽霊列車」では反体制側に参加するゆすり屋の二人。
そして「最後の襲撃」は巨大電子頭脳そのものが主人公と言えそうです。

巨大電子頭脳による管理社会やテクノロジーの描き方は
SF小説そのものですし、
反体制派の行動は冒険小説やハードボイルドのようでもあります。

つまりは山田正紀のエッセンスが見事につまっています。

老眼の私にはこの古いハヤカワ文庫は文字が小さくて読みにくいのですが
すぐに物語に惹きこまれてしまいました。
スピーディな流れと乾いた感じとしゃれた言い回し。
初めから山田正紀は山田正紀だったんですね。

なぜ復刻しないのか。
本人も楽しみながら書いたとあとがきで書いているくらいです。
よほどのマニアでないと探し出して読むなんてしないでしょう。
もったいない。

どうもラストの流れは当初予定していたものとは異なったらしいです。
この結末こそ山田正紀っぽいのですが
予定していた結末はどうだったのか知りたいところです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

大きな棺の小さな鍵

『大きな棺の小さな鍵』
本格ミステリ作家クラブ
大きな棺の小さな鍵 本格短編ベスト・セレクション (講談社文庫)
大きな棺の小さな鍵 本格短編ベスト・セレクション (講談社文庫)

毎度お馴染みの本シリーズです。
2004年発表の作品からの選定です。

大収穫は

「黄昏時に鬼たちは」(山口雅也)

遊戯として隠れ鬼。テーマとしてひきこもりを題材にした本作は
ミステリとしての驚きも素晴らしいし、
その後の余韻のようなものも良かった。
本作を含む連作短編集があるようですが読んでみたい。

「二つの鍵」(三雲岳斗)
一本の金の鍵と三本の銀の鍵。
金の鍵で施錠すると銀の鍵でしか開けられず、
銀の鍵で施錠すると金の鍵でしか開けられない。
面白そうでしょう。
レオナルド・ダ・ヴィンチが活躍します。

「光る棺の中の白骨」(柄刀一)
溶接された小屋を開けたら白骨死体があった。

評論「密室作法[改定]」(天城一
読まなかった。
何故なら『天城一の密室犯罪学教程』で読んでいたから!
本アンソロジーでの作者メッセージの
57年目にやっと単行本を上梓できて、「宝石」第一期新人(扱)の
面目を保ちました。

とあるのがコレ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話