fc2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

下村敦史『同姓同名』

下村敦史『同姓同名』



大山正紀が殺された。
犯人は大山正紀。

大山正紀はプロサッカー選手を目指す高校生。 いつかスタジアムに自分の名が轟くのを夢見て
練習に励んでいた。 そんな中、日本中が悲しみと怒りに駆られた女児惨殺事件の犯人が捕まった。
週刊誌が暴露した実名は「大山正紀」ーー。 報道後、不幸にも殺人犯と同姓同名となってしまった
"名もなき"大山正紀たちの人生が狂い始める。

これは、一度でも自分の名前を検索したことのある、名もなき私たちの物語です。



同姓同名という事を生かし人物誤認をユーモラスに処理したミステリと思っていました。
実際は女児惨殺事件がベースでやいじめやSNSによる誹謗中傷等の悪意を描いた重い内容のミステリです。

ミステリの仕掛けとしては同姓同名を生かし、読者だけでなく作中登場人物達(大山正紀)もそれぞれ思い違いをしているという大変捻くれたことになっていますが伏線はきちんと貼っており真っ当なミステリでした。
ただ読んでいると、記述におかしいところあるなと感じるようにあえて書かれていると思うので、私には出来ませんが仕掛けにちゃんと気づく人もいそうです。

ちなみに登場人物の”大山正紀”の文字が時折”山田正紀”と見えてしまうという事がありました。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

鮎川哲也『王を探せ』

鮎川哲也『王を探せ』



だから、どの亀取二郎が犯人なんだ!?―その亀取二郎は、二年前の犯罪をネタに恐喝されていた。耐えきれず、彼は憎き強請屋・木牟田を撲殺する…。警察が被害者のメモから掴んだのは、犯人が「亀取二郎」という名前であること。だが、東京都近郊だけで同姓同名が四十名。やっと絞りだした数人は、みなアリバイをもつ、一筋縄でいかない亀取二郎ばかり。鬼貫・丹那のコンビが捜査するなか、犯人は次なる兇行に及ぼうとしていた。


真犯人の名は亀取二郎とわかっているが、その亀取二郎が5人いる、さて誰が?
という趣向だが、残念なことに同姓同名であることをトリッキーに処理した小説ではなく、普通に五人容疑者がいてそれぞれに捜査していく王道アリバイ崩しと何ら変わりない内容だった。
鮎川哲也の鬼貫警部モノだが残念ながらちょっと弱い気がしました。

文庫解説も二人が担当しているが本作への言及はないという状態。
tb: 0 |  cm: 4
go page top

ディクスン・カー『パリから来た紳士』

ディクスン・カー『パリから来た紳士』




カー短編の精髄を集めたコレクション、本巻にはフェル博士、H・M、マーチ大佐といった名探偵が一堂に会する。内容も、隠し場所トリック、不可能犯罪、怪奇趣味、ユーモア、歴史興味、エスピオナージュなど多彩をきわめ、カーの全貌を知るうえに必読の一巻。殊に「パリから来た紳士」は、著者の数ある短編の中でも最高傑作といえよう。


カー短編全集3。

フェル博士、H・M卿、マーチ大佐が登場する短編を含みます。

「ウィリアム・ウィルソンの職業」
「外交官的な、あまりにも外交官的な」

が良かった。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

歌野晶午『さらわれたい女』

歌野晶午『さらわれたい女』




「私を誘拐してください」小宮山佐緒理は潤んだ瞳で俺の手を握りしめた―。報酬は百万円、夫の愛を確かめるための“狂言誘拐”を頼みたいというのだ。便利屋の俺は完璧なプランを練り、見事に“誘拐”を成功させる。しかし、身を隠していた佐緒理が部屋で殺されているのを発見し…。偉才・歌野が放つ、誘拐ミステリーの白眉。


私立探偵が事件に巻き込まれるという類のミステリで面白いのだが、陰惨なシーンがありそこがちょっと。そこがなければ軽めのミステリ(でもいいじゃないか)になるかもしれないがむしろその方が良かった。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

『公安調査庁』『内閣情報調査室』

手嶋龍一 佐藤優『公安調査庁』




「あの時、MI6は、公安調査庁に
極秘情報を渡していた――」

深い霧に覆われた情報組織、これが公安調査庁だ。一般の目が届かない深層で情報活動を繰り広げ、決して表舞台に出ようとしない組織。逮捕権を持たないため、人の心の襞に分け入るヒューミント(対人諜報)に存在意義を見出している。公安警察や外務省と情報コミュニティーの主導権を競う公安調査庁。インテリジェンスの巨匠ふたりは、その素顔に切り込み、過去の重大事件の裏側を初めて論じてみせた。いま公安調査庁から目が離せない!



警察の公安部とは違う組織があったとは知りませんでした。国際諜報の事例がたくさん出てきますがほとんど理解できませんでした。

読みどころ
対談集だが手嶋龍一氏が佐藤優氏の事をずっと”佐藤ラスプーチン”と呼び続けているが、一回だけ佐藤氏がラスプーチンじゃないと否定する箇所。(政策には関与していないから)

引き続き『内閣情報調査室』を読もう。




今井良『内閣情報調査室』




官邸機能強化と特定秘密保護法成立に伴い、大幅に権限を拡大し存在感を強めている官邸直轄の情報機関「内閣情報調査室」。現在、約250人の内調スパイが安倍総理の手足となって、経済から軍事まで国内外のあらゆる情報を収集・分析し政策判断を支えているが、その実態は秘匿性が高く謎に包まれている。対北朝鮮交渉、諸外国スパイとの攻防、テロ対策、インターネット諜報システムの構築、そして複数の公安機関との覇権争いなど、数々の内幕を明らかにし、我が国のインテリジェンス組織の全貌を描き出す!


内閣情報調査室のみならず警察公安、公安調査庁についての言及もありこれらの機関のなわばりの様なものも書かれている。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

Studio One PrimeでDiscipline

DTMのフリーソフト Studio One Primeが面白い。
フリーソフトですから当然無料ですがすごいクオリティです。

かつて私はWindows3.1あたりの時に数万円出してソフト(欲しくはないが何故かスピーカーもセット)を買いましたがきっとそれ以上の出来なんでしょうなあ。

Studio One Prime 1


画面がもうカッコいい。
かつてのソフトは音符♬で入力(それはそれで味があるし、多分そのまま印刷できた)していましたが今は違うんですね。

使い方はまだまだ把握していませんが、音源は選びきれないほど豊富で全部確認することはもはや面倒で出来ません。
またマイクを繋げば声や楽器もデータとして取り込めるようであり、チャンネルもいくらでも設定できるようなのでやる気さえあればデモテープ的なものも作れます。(音声データとしての出力も可)

凄い時代です。

私は耳コピが出来ないのですが楽譜さえあればそれを打ち込めばいいし(もちろん細かいニュアンスを再現するのはテクニックが必要)、ヴォーカルパートを低く設定すればカラオケ音源も作れてしまいます。

さてちょっと試運転した後、プログレ本に載っていたキングクリムゾンの「ディシプリン」(簡易的なもので一部分のみ)を打ち込もうと思いましたが、もしかするとネット上でタブ譜でもあるかなと思って検索したらなんとフル楽譜がありました。



上からビル・ブラッフォード、ロバート・フリップ、エイドリアン・ブリュー、トニー・レビンのパートに分かれています。
5/4拍子と4/4拍子が混在する曲でこの部分はフリップとブリューのパートが少しづつずれていくという新生クリムゾンの一番面白い部分です。フリップがパターン化したフレーズから一音抜くことでズレが発生していきます。


Studio One Prime 2


tb: 0 |  cm: 2
go page top

深水黎一郎『トスカの接吻』

深水黎一郎『トスカの接吻』




プッチーニ作曲の歌劇『トスカ』上演中、主演女優のナイフが相手役の首筋に突き刺さった。「開かれた密室」である舞台に、罠を仕掛けた犯人の真意は!? さらに前例のない新演出の予告直後、第二の犠牲者が…。芸術探偵・瞬一郎と伯父の海埜刑事が、完全犯罪の真相を追う。


オペラについては全く知らないし興味もなかったのだが本作で語られるそれらの蘊蓄はとても面白かった。
「悪の十字架」エピソードが面白いが、当然それだけでは終わらせない。(←本筋とはあまり関係ないけど)
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話