FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

デザイン馬鹿

『デザイン馬鹿』
ヒラヤマユウジ



イラストレーション、マンガ、デザイン、写真など、さまざまなクリエイ
ティブシーンで活躍しているクリエーター、ヒラヤマユウジの世界を凝縮。
思わずカバンの中に入れて持ち歩きたくなる小さなアートが詰まった文庫
本。深夜12時すぎになると、頭がまわりはじめ、おもしろい企画やアイデ
アが次々と生れてくる、そんな"デザイン馬鹿"の世界をちょっと覗いてみ
ませんか?

ちょっと古い本だし著者も知らぬ方です。
でも文章は真面目(わりと独りよがりのヘンな人が多い中)で良いし、
何よりイラストや写真がおしゃれ。
良いデザインってこんな感じなのかと思いました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

秘境駅の歩き方

『秘境駅の歩き方』
牛山隆信 西本裕隆



駅なのに秘境という不思議な場所にいこう! 
山奥や原野など人里から離れた場所に存在している鉄道駅、
それが「秘境駅」だ。
自然や歴史に溢れた秘境駅の魅力を伝える一冊。
週末を使って鉄道で行ける、プチ探検の旅行に出かけよう!


好きです。秘境駅
小和田駅
尾盛駅

行きました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

レコードを聴く『ALL AMERICAN TOP 100』VA

『ALL AMERICAN TOP 100』

"1983 APRIL" と記載あり。
月ごとに製作されていたCBS/SONYのコンピレーションのようです。

よく見たら裏面にNOT FOR SALEの記載がありました。
販促レコードなんでしょうか。

お目当ては OXO (こう書いてオクソと読みます)
当時なんとなく気になっていた曲があったはず。
それが本盤収録の「ワーリー・ガール」なのか思い出せないけれども。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

赤い帆船

『赤い帆船』
西村京太郎



内田洋一を乗せたヨットは、11カ月間の単独無寄港世界一周を終え、
油壺に凱旋した。一人の無名の青年が、一躍現代の英雄になった。
一方、内田の同級生で同じヨットマンの村上邦夫は、嫉妬と羨望に
苛まれた。さらに恋人・亜矢子が内田と結婚。それから2カ月後、
内田が殺された。時間と距離の鉄壁のアリバイをもつ容疑者に、
十津川警部補が挑む、雄大な構想の長編。



十津川警部補初登場の作品らしいです。
いやそんなことよりなんて面白いミステリなんだ。

フーダニットから始まり後半は鉄壁のアリバイを持つ真犯人との攻防。
かなりの長編ながら全くダレない。
初期西村京太郎は本当にスゴイのを書いていて、
今のトラベルミステリ(実は読んでいない)しか知らない人は
絶対驚き、見方が変わります。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

タイムマシンで戻りたい

『タイムマシンで戻りたい』
日本うんこ学会



みんなから集まった「うんもれエピソード」傑作選が発売!
「大腸がん検診率向上」を目指すまじめな団体、日本うんこ学会が贈る
「うんもれエピソード」傑作選。他人にはなかなか言えない話だから、
読めば「僕だけじゃないんだ!」と勇気が湧いてくる!


タイムマシンとありますがSFではなくてうんもれです。

おならと思ったら実がでた、といったエピソードが続く。

肛門括約筋という単語が飛び交う奇跡の書。

多くの人がトイレでパンツを捨てていました。

多くの方がこのうんもれを硬い文章で書いています。

そこからにじみでてくる笑いが好きです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

世界はジョークで出来ている

『世界はジョークで出来ている』
早坂隆



ジョークには、その国の歴史や文化、そして本音がつまっている。
本書は中国、アメリカ、ロシア、北朝鮮、韓国、中東、日本をネタに
したジョークを厳選して収録。ときにジョークのような事が起きる国際
社会。笑えるのはジョーク?それとも現実?


各国の国民性や権力者に関するジョーク集で、
ジョークの紹介の後そのジョークが生まれる背景
なども紹介していました。
なかなか良かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

今の日本、ジョークで済ませるわけにはいかないわけですが。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

翁と爺

偉大なるギタリスト
ロバート・フリップとスティーヴ・ハウ

片やフリップ翁、片やハウ爺

tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話